夏目金網工業株式会社

沿革

昭和52年02月
夏目工業として創業 新城市一鍬田地内
昭和56年04月
夏目金網工業(株)を設立 資本金500万円
新城市富岡字杉畑に工場を新築し移転
昭和63年11月
新城市有海字飛塚12番地8に本社移転・工場移築
平成03年03月
岐阜県各務原蘇原吉野町に岐阜営業所開設
平成04年03月
本社工場増設
平成06年10月
資本金1,000万円に増資
平成07年09月
岐阜県各務原蘇原三柿野町に岐阜工場を開設
岐阜営業所を閉鎖
平成09年10月
本社工場・日本工業規格表示認定工場取得
平成18年05月
岐阜工場移転用地購入(面積4,700平方メートル)
岐阜県関市尾太町79番地
平成19年03月
工場を新築し、岐阜工場を移転
平成19年05月
岐阜工場が共英製鋼(株)キョウエイリングの指定工場を取得
平成20年03月
鉄筋コンクリート造梁、柱のせん断補強筋として異形棒鋼ウルボン785を使用する溶接継手工法の評定取得
平成20年09月
本社工場が日本工業規格適合性認証工場を取得
平成21年02月
3階建以下の住宅の基礎に用いる組立鉄筋の評定を取得(商品名 ナツベース3F)。岐阜工場にて生産を開始。
平成21年08月
資本金5,000万に増資
平成23年04月
平成22年度優良溶接せん断補強筋製造会社認定
平成23年06月
日本住宅基礎鉄筋工業会入会
平成24年02月
BRS工法・指定工場